信頼できる論文屋さん選びについて


こんにちは、顧客サポートの山下です。
弊社ブログで注意喚起を行っている詐欺被害についてお読み頂き、お問い合わせ頂く方が以前より少しずつ増えているように感じており、弊社ブログに目を通して頂いていることを嬉しく思っております。弊社をご安心してご利用いただけるために、弊社が行っているサービスについてもブログで説明させて頂いておりますが、「失礼ですがそちらの会社は信頼できるのですか?」というご質問を頂く事が多々ございます。

何度もブログを通してお伝えしておりますが、他業者様をご利用の方の中には原稿が全てコピペだったり、修正を求めたり入金した途端に音信不通になったりといったトラブルに遭われた方が毎年少なからずいらっしゃる事は事実です。そのため、非常に残念な事ではございますが、論文屋さん全般について不信感をお持ちになられてしまう事はやむを得ないものだと思われます。

また、「○○という論文屋さんでのトラブルは聞いたことがありますか?」といったご質問もいただく事がございますが、特定の業者名を弊社がお伝えする事はできかねます。トラブルの方向を頂く論文屋さんの特徴等は公開できますので、ご自身で判断頂きお選び頂きますようお願い申し上げます。

弊社のホームページをご覧頂きますと、弊社代表者名、事務所の住所、電話番号、メールアドレス等、弊社がどのような会社であるかを把握して頂くための重要な情報はすべて記載致しております。会社概要に代表者名書かれていない、事務所の住所が公開されていない、電話番号が無い場合、何か公開しては不都合が生じるためなのか、公開できない理由があるものと考えられます。また、メールアドレスがgmailやyahoo等のフリーメールの場合、自由に削除して新しく作り直す事ができ、都合が悪くなったらアドレスを捨てて変更する事が簡単になりますので、会社のメールアドレスがフリーメールか否かも信頼度をはかる要素となります。

電話番号が公開されていない業者様も多いですが、弊社ではメールの返信が来ない、緊急の連絡があるなどといった場合にお電話で窓口にご報告いただけましたら対応させて頂いており、状況によっては弊社からご連絡させて頂き、対応させて頂いております。電話番号が公開されていない場合、そういった対応を受けられる事は難しいと考えられるため、メールの返信が無い場合は諦めるしかありません。

弊社では直接会ってお話をお伺いする面談や、遠方の方の場合はSkypeでの面談にも対応致しておりますが、トラブルに遭われた方は皆さまそろって「直接会って話したい」と言った途端に音信不通となると報告されております。直接会って話すと不都合が生じるのか、何かしらの理由により面談不可であるからだと思われますが、面談負荷の理由等の説明はなく、突然音信不通になるケースが多いです。音信不通になった際には、上記のように会社の所在地、代表者名も分からなければ電話番号も分からない場合、メール以外に連絡の取りようがないため諦めるしかございません。

弊社では代表者名、住所、電話番号、メールアドレスが全て公開されており、対面での打ち合わせも可能で、電話は営業時間内にはすぐに繋がり、メールは2時間以内に返信させて頂いております。原稿納品後に3日以内に1度まで無料修正を承っており、どのようなご依頼に対しても無視する事はなく、どこまでなら対応できるのか、対応できない場合はどのような理由により対応できないのかと必ず返信させて頂いております。返信が届かない場合は弊社のメールがお受取りできるようにメールの受信設定をご確認頂いたり、迷惑メールフォルダに入っていないかご確認くださいませ。

その他、様々なサービスによりご安心してご利用頂き、高品質な原稿をお受取りいただけるようにサービスの見直し、執筆者の育成に努めております。実際に弊社をご利用頂かないと弊社がどのようなサービスかをご理解頂いたり、信頼できるかご判断頂く事は難しいのかもしれませんが、弊社を信頼して頂けるための情報は公開しており、安心してご使用いただけるためのサービスを強化しております。数ある論文屋さんの中で、ここなら安心して依頼できると判断して頂け、ご利用いただけたら嬉しいです。

また、弊社よりも安価で引き受けて頂ける論文屋さんや、弊社ではご依頼の分野に対応できない場合も他社様では対応可能な執筆者がいらっしゃる場合もございます。弊社では品質を優先させるため、納期や内容によりお引き受けができないと判断した依頼でも他社では可能である場合もございます。また、品質よりとにかく早さを求められたり、品質が落ちてもいいから安い方がいいなど、依頼主様により求められているものは様々ですので、ご自身で実際にお問い合わせ頂いて他社様と比較頂きご自身に合った論文屋さんをお選びいただければと思います。弊社もご依頼頂く皆様によりご納得頂ける原稿を提供できるように努めて参ります。

 

 

論文の難易度は指定できるの?


こんにちは、顧客サポートの山下です。
弊社にご依頼頂く方の多くが、初めて論文を書く学生の方々です。スピーチコンテストやコンクール等に今までに精力的に参加して、文章を書く事が昔から好きで得意だという方はあまりいらっしゃいません。論文屋レポートを書いた経験が少なく、書き方がわからないという方が多いため、基本的には「初めてまとまった量の文章を頑張って書いた」というレベルでの執筆を心がけて執筆致しております。

またご依頼が高校の論文のか、大学の卒論なのか、大学院の修士論文なのか、会社の昇進論文なのか…論文の種類により言葉の使い方や表現は少しずつ変わってきます。「論文を依頼したいです」とのみご連絡頂いている場合、こちらから「卒業論文ですか?修士論文ですか?ご提出先はどちらですか?」等といった質問をさせていただいているのはそのためです。執筆者により固い表現が得意な方もいらっしゃれば、比較的わかりやすい簡単な言い回しを使いながら書くことを得意とする方もいらっしゃいます。依頼主様のレベルやご依頼の内容に合わせて可能な限り依頼主様に合った執筆者に依頼させて頂くために情報の共有をお願い致します。

執筆者にご要望はお伝え致しておりますが、難易度の感じ方は人により異なりますので、ご自身の普段使われる表現や理解しやすい言葉で執筆頂きますようお願い申し上げます。また、引用の中に難しい表現が含まれている場合もございます。内容が難しいと感じられる場合は他の文献の内容に置き換えて頂くなど、ご自身で調べれらた内容を盛り込んで頂きますようお願い申し上げます。

「わざと誤字脱字を盛り込んで、へたくそに書いてほしい」というご要望を頂く事がございますが、大変申し訳ございませんがこのようなご要望には対応できません!

弊社では論文の書き方の見本としてご使用頂く原稿を作成しており、確認漏れ等によるやむを得ない誤字脱字がある場合はございますが、意図的に盛り込む事はできかねます。論文見本としての品質を落とす事はできず、またあたかもご自身が書いたかのように書いてほしいというご要望は完全な代筆、文章偽造のほう助に当たる恐れがございます。

ご自身が書いたかのように誤字脱字を増やし、文章の書き方を依頼主様の普段書かれているレポートに合わせて似させるといったサービスではございません。執筆経験の豊富な弊社執筆者の模範解答の原稿を元に、ご自身でお勉強して頂いて課題内容や論文の内容の理解を深めて頂いたり、論文の構成、文章の膨らませ方や参考文献の使い方、引用の表記方法等を参考にして頂く事を目的としております。

「なるべく難しい表現は避けて欲しい」、「○○については自分の理解が無いため盛り込まないでほしい」といったご要望でしたら可能な限り反映させて頂きますので、ご依頼時にお申し付けくださいませ。

英語のご依頼もご相談下さいませ


こんにちは顧客サポートの山下です。

英語での執筆のご依頼も弊社では承っておりますので、英語のご依頼についてもご相談くださいませ。英語に対応可能な執筆者は限られており、分野によっては承ることが難しい場合もございますので、詳細を確認次第対応可否をお伝え致します。

英語のご依頼は英語の堪能な執筆者に依頼する必要があり、料金はどうしても割高となります。全文のご依頼が難しい場合は大まかな枠組みの作成のみご依頼頂いたり、中には価格を抑えるために日本語での執筆をあえてご依頼いただく方もいらっしゃいます。

ご予算やご自身がどこまでの見本の作成をご希望か、どの程度自分のみの力で執筆が進められそうかなど、ご状況に合わせてご依頼方法について提案させて頂きます。

日本語のご依頼の場合も同様に、ご相談は無料で承っておりますので、いつまでに依頼すればいつ頃原稿を頂けるのか、ご予算内ではどの程度の分量まで執筆が可能か等といったご質問等、お気軽にお問合せ下さいませ。

前回の記事にも書きましたように、年末が近づくにつれてご依頼は多くなってきます。余裕をもってご依頼頂いた方が原稿の質が確保しやすく、ご依頼に合った執筆者を確保しやすくなりますよ!

行き詰まられたらお早目のご相談を!


こんにちは、顧客サポートの山下です。

夏休みが明け、卒論完成に向けて指導教官の方のチェックも増え、進捗の確認があったり細かい指摘があったりと、卒論執筆も忙しくなってきている頃かと思われます。

周りが順調に書き進めている中、なかなか筆が進まない事に不安になられたり、どんなに頑張っても指導教官からダメ出しばかりされてどう進めたらいいのかわからず、このまま卒業できるのか不安になられる方も出てきているかもしれません。

まだ提出までお時間はございます!!ギリギリまで悩まずに、お早めにご相談下さいませ。『最短1日でも引き受けてくれるからギリギリでも大丈夫だよね』と思われている方、確かに最短で1日でも引き受けられる依頼はございますが全てではないです!!!

どうしても納期や執筆者の都合によりお引き受けができない場合がございますので、『1日でも可能って書いているじゃないか!』とおっしゃられる事がありますが、どんな依頼でも1日で承れる訳ではないですよ…!

なるべく多くの依頼主様のお力になるために、日々執筆者の確保や育成に力を入れさせて頂いておりますが、これからご依頼の多い時期になり空いている執筆者の確保が難しくなって参ります。もう少し早くご相談頂けたらどうにかできたのに…と弊社も悔しい思いをせざるを得ない事が毎年何件がございます。

今すぐご依頼頂くご予定でなくても、何時頃相談すれば納期に間に合うのかというお問い合わせでも結構ですので、ご不安がある場合はお早めにご相談下さいませ。

なりすましメールにご注意を!!


こんにちは、顧客サポートの山下です。

弊社になりすました架空請求のメールに関するご質問が何件か寄せられており、状況について確認致しております。

現在弊社の方で把握している情報は、「書ける屋」の名前でメールが届きますが、送信元のメールアドレスはinfo@kakeruya.comの弊社のアドレスでは御座いません。返信するとエラーとなります。記載の電話番号も使用されていない番号のため繋がりません。弊社の電話番号はホームページに記載の03-6811-1111でございます。

寄せられた報告では繋がらない電話番号が記載されているとの事ですが、弊社の正しいメールアドレスや電話番号がメール文に書かれている可能性もございます。必ず送信元のメールアドレスが上記弊社アドレスであるかのご確認をお願い致します!

メール本文には会員登録やご入金に関する記述があり、「本日中に連絡をくれないと裁判になる」といった内容が書かれている場合がございます。弊社を使用するにあたり会員登録は必要なく、ご依頼頂いていない方に入金案内を送る事はございません。ご依頼内容がまとまり、お見積りにご納得頂いた後に入金案内と進ませて頂いております。

弊社からの身に覚えのないメールが届きましたらご返信、お電話等はされず、案内に従いご入金されませんようお願い申し上げます。

資料のご郵送について


こんにちは、顧客サポートの山下です。

ご依頼内容によっては資料や書籍を弊社までご郵送頂く必要があるかと思いますが、資料をご郵送頂く際にご注意をお願い致します。

① 配送途中にお荷物が紛失する等のトラブルは弊社では対応ができません!ご使用になられた郵送機関の問題となります。その際に追跡番号がついていない、配達記録の無い郵送方法ですとお荷物の状況をお調べする事が非常に難しくなります。非常に大事な資料をご郵送頂く場合も多いかと思われますので、追跡番号やご不安でしたら補償きの郵送方法でお送り下さいませ。資料の量により使用できる郵送方法は異なり、郵便局がご都合よい方もいらっしゃればヤマト運輸等の方が良かったり、自営業の方で佐川急便と提携しているから安く発送できるという方もいらっしゃいます。発送方法の指定はございませんので、ご自身のご都合の良い方法で、弊社まで届けば問題ございません!

② 日曜・祝日は郵便局は郵便物(手紙・はがき)の配達は行っておりません。お急ぎの場合、土日でも配達を行っている郵送機関をご使用下さいませ。連休の場合はさらに配達日が遅くなる可能性がございます。通常であれば2~3日程度で届くお荷物が6~7日近くかかる場合もございますので、郵送方法・到着日時等をご確認の上発送をお願い致します。

③ 弊社からの返送は基本的に着払いです。資料の量が少ない場合、執筆者のご厚意で送料は執筆者負担とさせて頂き、レターパックを使用する場合もございますが、レターパックも追跡番号がついておりますので安心してお荷物の場所をご確認頂けます。その他、使用する郵送機関の指定や特定の発送法をご希望の場合はご連絡下さいませ。補償付き・時間指定が必要等、ご指定が無い場合は執筆者にとって都合のよい郵送機関での着払い又はレターパックとなります。

よろしくお願い致します。

弊社へのお問い合わせはニックネームでもOKです!


こんにちは、顧客サポートの山下です。

お問い合わせされる際に、本名の氏名を書くのが嫌だな…個人情報を書くのは嫌だなぁ…という方もいらっしゃると思いますが、本名でなくても問題ございません!ペンネーム、偽名、何でも結構でございます。

ご氏名は誰からのご依頼かがわかるように、他の依頼と混同しないためと、ご入金頂いた際に誰からのご入金かがわかるようにご入力をお願いしております。個人の特定等に使用するものではございません。そのため、お名前は必ず偽名でもニックネームでも結構ですのでご連絡頂きますようお願い申し上げます。

ご入金時にATMをご使用でしたら、お振込み名義を変更する事ができるため、弊社にご連絡頂いているお名前でご入金頂けましたら問題無く確認がとれます。またご事情により異なる名義でご入金頂いた際は、お振込みされた名義をご連絡下さいませ。

クレジットカードの場合はクレジットカードに登録されておりますご氏名でのご入金があったと弊社に連絡が来ます。しかし、弊社がそれがご本人のカードなのか、ご両親がお支払いされているのか等といった詮索はする事はございませんので、どのような名義であったとしても、どの依頼主様からご入金があったのか、ご入金額は間違っていなかの確認がとれたらOKです。

弊社に資料をご郵送頂く際にはお名前・ご住所が必要となりますが、ご本人がお住まいのご住所でなくてもご友人やご兄弟のご住所であってもご了承を頂いた上でご使用頂いている場合は問題ございません。また、資料返送の際には宛先を「郵便局留め」にご指定頂けましたらご住所を執筆者に共有する事なく、ご自宅ではなくお近くの郵便局で資料をお受け取り頂けます。

ご不安、ご不明点等がございましたらご相談下さいませ。
なるべく個人情報をお伝え頂かなくても良い方法で資料共有、やりとりを進めさせて頂きます。

弊社で使用可能な先行研究について


こんにちは、顧客サポートの山下です。
論文を執筆する際に必要な文献は基本的には執筆者の方で入手致しますが、ご依頼の分野やテーマによっては入手が難しく、ご提供をお願いさせて頂く場合がございます。特に医学分野の論文をご依頼の場合、医学系の機関に登録していないと閲覧できない先行研究も多く、弊社で入手できるものが限られている場合がございます。

cinii,googlescholar等で検索可能なオープンソースの論文を主に使用致しますが、検索結果で下記サイトに論文が公開されているとの記載がある場合は弊社では入手が難しいです。

CINAHL:有料のサイトとなります。

医中誌:有料のサイトとなります。

GiNii:ウィルスソフトやプロキシの問題で執筆者によっては閲覧が出来ない場合がございます。

PubMed:医学系の機関に所属している事が使用条件のサイトになります。アクセスを追跡されている場合、医学系の機関に所属していない者が使用している事が発覚した際には不審扱いされ、制裁を受ける可能性がございます。

閲覧が可能な執筆者が必ずしも在中しているとは限らないため、これらサイトへの登録等が必要な資料を入手しなければ執筆できないような論文テーマや課題の場合はご自身での資料収集をお願い致します。また、学術書等は購入する場合非常に高額となる事が多く、弊社で入手する場合は書籍代のみでご予算を超えてしまう場合がございます。執筆分量によっては執筆費よりも書籍代の方が高くなってしまう事もございますので、学術書等はご自身で収集頂く事をお勧め致します。

また、弊社で入手可能な範囲の資料で執筆を行い、構成や書き方の見本としてご使用頂く事も可能です。ご依頼の詳細をお送り頂けましたら、どの程度まで弊社で対応が可能か、必要資料等についてもご案内致します。

面談をしたいんだけど、どうすればいいの?


こんにちは、顧客サポートの山下です。
今年もあと4ヶ月足らず…早いですね!卒論を書かれている学生の方々も少しずつ焦り始めたり、忙しくなってきているのではないでしょうか。この時期から弊社でも面談のご要望が増えてきます。面談はどのように行われるのか、面談をしたい場合はどうすればいいのか、流れを説明させて頂きます。

【面談できるご依頼について】
まず、弊社で現在承る事ができる面談は基本的には10,000文字以上の学術論文で納期に余裕がある場合です。内容や状況によっては上記に当てはまらない場合も面談できる場合がございますので、まずは可能か否かをお問い合わせ下さいませ。

可能か否かの判断はご依頼内容の詳細を確認次第の回答となりますので、お問い合わせフォームに「面談希望です」のみ書かれても、判断する事ができません。そもそも弊社で承る事ができるご依頼内容であるかどうかを判断した上で、可能であれば面談となります。面談時にスムーズに面談を行うためにも、面談担当者がご依頼内容を事前に確認させて頂きますので詳細は必ずお送り頂きますようお願い申し上げます。

【面談日について】
面談担当者のスケジュールを確認し、依頼主様のご都合の良い日時で面談日を確定致します。お越し頂く事が難しい場合や、面談日の空きが無い場合はSkypeでの面談も承っております。ご相談下さいませ。

【面談場所について】
面談場所は弊社事務所ではございません!!事務所には依頼主様からお預かりしている資料や、まだ世に公開されていない貴重なデータや実験記録も多く、現在は事務所での面談をお断りしております。過去に某テレビ局の方が勝手にカメラを回し、依頼主様の資料を撮影しようとした経緯があり、勿論99%以上の依頼主様がそういった関係の方ではないとは思われますが、個人情報や資料等の撮影や漏えい防止のために事務所への来訪はお断り致しております。ご理解の程お願い致します。

面談場所は都内になりますが、ご希望のお日にちにより面談担当者の都合により場所が異なる場合がございますので詳細はご依頼時にお伝え致します。

【面談の流れ】
ご指定の駅にお越し頂き、面談担当者より携帯電話にお電話致しますのでお待ち合わせをお願い致します。近くの喫茶店等、落ち着いてお話をお伺いできる場所で面談させて頂きます。お時間は30分~長くても1時間程度となります。資料等がございましたらお持ち頂いても良いですが、面談担当者は執筆者ではないため受け取る事ができません。資料は後日弊社事務所までご郵送頂くか、pdf等としてお送りくださいませ。

【面談後の流れ】
面談担当者より面談内容の方向を頂きますので、内容にお間違いが無いかをご確認頂きます。面談内容を踏まえてお見積りを算出致しますので、ご納得頂けましたら入金案内へと進ませて頂きます。ご入金をもって正式なご依頼となります。

ご不明点がございましたら、お気軽にお伺い下さいませ。
よろしくお願い致します。

アンケート調査が必要な論文をご依頼頂く場合


こんにちは、顧客サポートの山下です。
前回の記事でアンケート調査を行う論文も書きやすいよという記事を書かせて頂きましたが、アンケート調査、ヒアリングや現地取材等が必要な論文を弊社にご依頼頂く事ができるのか、またその場合はどうすれば良いのかについて説明させて頂きます。

アンケート調査が必要な論文の執筆承る事は可能ですが、調査はご自身で行って頂きます!アンケートを実際に行うのは依頼主様ご自身ですので、アンケートまで頼めると思って自分では実際に行けない場所や1,000人に調査する等と現実的でない内容を計画書として指導教官の方にご提出されないようにしましょう。

弊社は論文の書き方やまとめ方、話の膨らませ方や文献の使用方法等を参考にして頂くための原稿を提供しており、研究を全部代わりにやってあげるよというサービスではございません。これでは完全なカンニングになってしまいます。

先行研究をまとめたり、どのようにご自身のアンケート調査を盛り込んだら良いのかのサポートをさせて頂く事は可能です。また、ご自身で調査を行った後にそれらを論文に盛り込んだり、結果をまとめるサポートも可能です。

ここで注意して頂きたいのが、「論文を書き始める前にアンケート調査を先に行ってしまった」という方がちらほらいらっしゃいますが、順序を間違えると折角のアンケートが使えなくなってしまう恐れがございます。

どのような先行研究があるのか、何が既に明らかにされていて、何がまだ明らかになっていないのか、自分は何を明らかにしたいのか、それをきちんと明確にしてから調査を行わないと「誰に何を聞きたいのか、どんな回答が欲しいのか」が分かりません。アンケートを行う目的が何なのか、どうしてその調査を行おうと思ったのか、きちんと順序立てて論理的に説明しながら書くのが論文です。

「こんなテーマで引き受けてもらえるかな?」
「アンケート調査が必要な論文なんだけど、サポートしてもらう事はできるのか?」

お悩みの場合は、まずはお問い合わせ下さいませ。
具体的な内容を確認させて頂き、弊社でどこまでサポートが可能か、どのような流れで今後継続してサポートが可能か等をご説明致します。