書ける屋 の紹介

昇進論文・卒業論文など、「人生の節目で思い通りに文章が書けない」方のお手伝いをしています。

こどもの本総選挙


こんにちは、顧客サポートの山下です。

こどもの日の5月5日に、こどもの本総選挙の結果が発表され、1位には今泉忠明さん監修の「ざんねんないきもの辞典」が選ばれたそうです。これは子供だけでなく、大人も一緒に読んで動物の豆知識、面白いうんちくが学べて、動物園で動物を見る時に違った角度から動物を観察できたり楽しめてしまう面白い本ですよね!

以下、毎日新聞(https://mainichi.jp/articles/20180508/kei/00s/00s/003000c)より引用

 「こどもの本総選挙」は、出版社のポプラが創立70周年記念して、ども自身が選ぶことで、本をもっと身近じてもらいたいと企画しました。昨年11から今年に「自分一番好きな」を募集し、128055の投票がありました。結果発表会東京都荒川区立図書館「ゆいのあらかわ」でかれました。1ばれた「ざんねんないきもの事典」は、特徴をユニークに紹介したです。

このニュースについて私はテレビでも見たのですが、小学生・中学生・高校生では小学生の読書量が圧倒的に多く、中学・高校と学年が上がるにつれて読書量が減るというデータを公開していました。沢山の子供達が本が好き、読むのが好きという気持ちをずっと持ち続けてくれるといいですね。

タイで人気の眠気覚まし


こんにちは、顧客サポートの山下です。
今日は私がインドネシアに旅行に行った時に見つけた眠気覚ましについてちょこっとご紹介。卒論だけじゃなくても、眠気が襲ってきてどうにか目を覚ましたい時があるはず…。

タイでかなり人気で誰もが持っているという「ヤードム」という鼻から吸うユーカリとメンソールで作られている眠気覚ましがあるのですが、これがインドネシアに旅行に行った時にあちこちで売られていて(この時初めてこの存在を知りました)買って帰りました。完全天然成分で、容器の見た目はリップバーム。脱脂綿のようなものにメンソールがたっぷりと染み込んでいて、穴の開いた容器の中に入っています。容器を鼻に突っ込んで吸うとすーーーっと鼻が通って、リフレッシュ!花粉症にも良さそうです。タイではみんな持ち歩いていて、いつでもどこでも使っているんだとか。

どうやら日本でも類似品が「ノーズミント」として売られているようです。調べてみると何やら日本でヤードムがブームになってきているんだとか。そういえば友達にお土産として渡したら「これ大好きなの!」って喜ばれました。意外と知られているのかな?!

海外の情報を掲載しているWe♡Expediaの記事でヤードムが紹介されていました。

気分転換や眠気覚ましに効果抜群!タイのヤードムって何?

上のリンクをクリックするとページが開きます。

韓国のコスメが人気になったり、日本でブームになっている海外製品も非常に多いですよね!海外の商品が日本で売れる理由など、日本で人気の海外製品を論文のテーマにするのも面白いかもしれませんね!知名度やどれくらいの人が持っているのか、大学内でアンケート調査を行って統計をとっても面白いかもしれません。

皆様それぞれのリフレッシュ方法、眠気覚ましがあるかと思いますが、リップバームの大きさなので鞄にぽいっと入れておけて、いつでもどこでもリフレッシュ!眠い時でもこれで最後まで講義に集中できるかもしれないですね!参考までに。

本と論文、どっちの資料を使うのが良い?


こんにちは、顧客サポートの山下です。

ご依頼を頂く際に、「本の資料のみを使って欲しい」というご要望を頂く事が稀にございます。恐らく指導教官の方からの「インターネットの情報は信憑性が低いから使ったらダメ」という言葉を受けて、ネットではなく本の資料のみを使用しなければならないと思われたのだと思いますが、注意して頂きたいのが「先行研究論文」はインターネットからダウンロード、閲覧可能ですがこれらは学術雑誌に掲載されているものです!

cinii,googlescholar等のインターネットのサイトや検索エンジンを使用して先行研究論文を探す事が可能です。しかし、これらの論文を使用したからと言ってインターネットからの情報の引用にはなりません。先行研究論文とは、その分野で活躍されている研究者が何年もかけて研究を行った結果を発表してるもの等、非常に信憑性が高くてそう簡単には再現できないような研究内容のものも多くございます。研究に命をかけて、研究を生業とされている方々の論文は書籍よりも遥かに説得力がございます。

書籍は誰でも出版費用を支払えば出版する事が可能です。
私も本を書きたいと思えば、出版費用さえ払えば本を作って売る事ができます。しかし、学術雑誌に論文を掲載してもらう為には審査が必要となります。審査に通り、認められた論文のみが学術誌に掲載されます。そのため、本の資料だけを使用すると逆に信憑性が低い論文になってしまいます。どのような論文でも良いので探して読んでみて頂ければわかりますが、必ず他の論文からの引用があったり参考にしており、書籍だけというものは非常に少ないです。

論文を参考にしたり一部を引用した場合、URLではなく、論文が掲載されている雑誌名や発行年、巻数やページ数等が必ず記載されいますので、それらを指定の通りに表記下さいませ。URLは消えたり変わる可能性がございますが、論文が掲載されている雑誌や発行年、ページ数等は変わる事はございません。

また、インターネットからの情報であってもそれがブログ等ではなくニュース記事であったり、市町村のホームページや団体の公式サイトに記載されている文章などは公式なものとなり、どこの誰だかわからない方の個人的な言葉ではございません。

「インターネットがダメなら本を使わなきゃいけない」という事ではございません。インターネットが使えないと先行研究論文の検索も大変になり、論文執筆が非常に難航してしまいますよ!意味を履き違えないように、不安であれば指導教官の方にどのような資料が具体的に使用しても良いのか、悪いのかを伺って論文の基本的な書き方のルールをおさらいしましょう。

先行研究資料の調べ方


こんにちは、顧客サポートの山下です。
前回の記事では資料集めについての注意について書かせて頂きました。やみくもに資料を探すのではなく、本当に自分の論じたいテーマに沿っているものを集めていかないと、膨大な資料に囲まれて不要な資料にも目を通さないといけなくなってしまい時間が勿体ないです。

例えばアメリカに旅行に行く時だって、ただアメリカに関するガイドブックを片っ端から読めばいい訳じゃないですよね。行きたい州について、更にはその中で何をしたいのか、何についての情報が知りたいのかによって集める資料は変わります。同じように、自分がどんな情報が欲しいかを考えてみましょう。

依頼主様の多くが弊社の執筆者の執筆速度に驚かれます。勿論、文章をまとめたり執筆する速さは一般的な大学生よりも遥かに熟練度が高く、早く原稿を執筆する事が可能ですが、資料の集め方が上手いという点も原稿を早く提供できる理由です。欲しい資料を短時間で的確に見つけるコツがございます。

① 検索で入力するキーワードに注意しよう

あまり大きすぎるキーワードでは非常に広い範囲での資料がヒットするため、検索すると膨大な数となってしまいます。「ゴミ問題」だけで検索するより「ゴミ問題 東京都」等と範囲を限定していくと資料は少なくなります。限定し過ぎると資料がほとんど無くなってしまう事もあるため、その場合はテーマをもう少し広げてみる事を検討するか、現在はそこまで限定した研究は少ないという事を正直に論文で述べましょう。

② 論文の「要旨」「はじめに」「おわりに」をチェック

論文の内容を確認するために、何も何十ページも全て読む必要はございません。論文の「要旨」「はじめに」「おわりに」はどれも論文の内容を短くまとめたものであり、これらを読むと内容が大まかに把握できます。この資料の内容はより深く知りたいな、と思った資料はキープし、自分の論文とは関係の無い内容の場合は違う資料を探しましょう。

卒論の作業が大変だと感じる原因の一つは、無駄な事に時間や労力を使ってしまう事です。「これ全部読まなきゃいけないの?!」と愕然としてしまい、そこからやる気が無くなってしまってただただ辛い…なんて事にならないように、資料集めのコツを掴んでサクッと資料集めを終わらせましょう。

どうしてもどんな資料を使えばいいのかが分からない、どんな資料が自分のテーマにとって有力な情報となるのかがわからない…と、つまづいてしまったら、一人で悩まずに指導教官にご相談頂いてアドバイスを頂いたり、弊社にご相談下さいませ。書きにくいテーマである場合は同じ分野での違うテーマを提案さえて頂く事もございます。一人一人に合わせて対応させて頂きますので、ご要望、お悩みをなるべく詳細にお問い合わせフォームにご入力頂き、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

資料収集、それで大丈夫?


こんにちは、顧客サポートの山下です。

そろそろゴールデンウィークも明けて、指導教官の方から卒論のテーマ決めや資料の集まり具合等の進捗状況について聞かれて焦り始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。卒論に取り掛かる前に、資料を集めて内容をレポートにまとめていく作業をするようにと指導されるゼミもあり、とりあえず自分のテーマのキーワードが入っている資料を集めてみているという方も多いでしょう。

弊社にご依頼頂く際に、資料は揃っているのでなるべく集まった資料から書いて欲しいというご要望を頂いたり、または執筆者の方で資料収集が難しいテーマの際にお手持ちの資料を提供して頂いたりする場合がございます。

しかし、沢山の資料が集まったように見えて、実は使える資料はほとんど無かった!という事が度々ございます。

例えば「食事と学力の関係性」というテーマで執筆する場合、体に良い食事についての資料がどれだけ沢山あったとしても、それが実際に学力にどう直結しているのかという資料が無いと、「トマトは栄養が高くて体にいい」というような内容になり、そこから学力に繋げていく事ができません。資料が無い場合はどの栄養素がどのように具体的に細胞に働きかけるのか、それが学力にどう繋がっているのか科学的な根拠が必要となります。研究、実験を繰り返しながら答えを見つけなければなりません。

沢山資料がありそうでも実はあまり無かったり、あまり人とかぶらないテーマを考えてみたもののまだ一線で研究している研究者ですら答えが出せていないような難しいテーマだったり…。そんなテーマでずっと何ヶ月間も資料を集めて書いてみたもののなかなか筆が進まず、卒論提出間近になって相談してみたら実は資料がとても少ない難しいテーマだった!と焦ってしまう事になります。

弊社ではテーマ決めの相談も承っております。
こんな事に興味がある、こんなゼミに所属している、指導教官からこういったアドバイスを頂いたなど、ご要望に合わせてテーマや章立て等の見本としてご使用頂ける論文の概要、レジュメの作成も承っております。

まだテーマも決まっていない段階から依頼してもいいの?
こんな相談でも大丈夫?

と、お悩みの方。
相談は無料です!お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。ちょっとしたコツ、きっかけでテーマがすんなり決まり、スムーズに論文が書き進められるようになりますよ。

ビール業界を卒論のテーマに扱うのはどう?


こんにちは。卒論代行の書ける屋です。書ける屋では卒論の書き出しのサンプルをブログで公開し、ちょっとしたアドバイスもお伝えしています。

大学生になってビールの味を覚えた方や、就活を機にビール業界に興味を持った方が卒論の題材としてビール業界を選ぶことがあります。ビールは大学生の飲み会や新歓などでも身近なもので、卒論としても取り扱いやすいものと言えるでしょう。

では、試しに書き出しの例を挙げます。

日本ビール業界ではこれまで激しい競争が繰り広げられていたが、近年国内におけるビール市場は若者の嗜好の変化や高齢化によって消費量が減少することで、市場の縮小化が進んでいる。本論では市場を寡占状態としているビール業界の四大企業、アサヒビール・サントリー・サッポロビール・キリンビールのうち、アサヒに焦点を当て、ビール業界の現状の理解とM&Aを基にした経営戦略を考察することを目的とする。

なんとなく雰囲気はつかめそうでしょうか?ビール業界の主要各社のデータや情報は、ホームページをはじめ、有価証券報告書でも詳しく見ることができますし、6月に株主総会に足を運べば臨場感あふれる経営のお話も聞くことができるでしょう。また、純粋にゼミの先生を通してヒアリングを申し込むといった方法も考えられるため、企業や業界を卒論の題材とするのは、「行き詰まりにくい」点でもおすすめです。

議論を深めるためには、実際に企業へ足を運ぶほかにも、ビールだけでなく日本酒や発泡酒と比較してみたり、ビールを扱う飲食店にも目を向けたり、各種統計から消費量の推移に着目してみるのもおすすめです。

書ける屋でも過去にビールやお酒をテーマとした卒論の代行や加筆、添削の実績があります。比較的書きやすいテーマと申し上げましたが、就活が長引いたり、ゼミの先生との相性や指導方針によっては思い通りに進まないことも考えらえれます。

まずはご自身で調査研究してみることが大事ですが、「何か思い通りに進んでいないな」「堂々巡りしている気がする」など不安を感じたら、一度ご相談いただくことをお勧めします。

卒論代行書ける屋

http://www.kakeruya.com

 

卒論で得た力は社会人になっても役立つ


こんにちは、顧客サポートの山下です。

そろそろご入学、ご就職からしばらく日が経ち、やっと新しい生活にも慣れ始めてきた頃でしょうか。やっと卒論から解放されたのに早速社会人になって早々、課題が出されてどうしようと慌ててしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

先日駅前を歩いていると、入社して早々に誰かの鞄が社内で紛失してしまい、その原因と解決策について各自まとめて翌日発表するようにと課題が出されてしまったと話している声が聞こえてきました。社会人になって早々、そんな課題が出るとは思わず驚いたそうです。

学生時代の間に培ってきた論理的な思考や文章の書き方は社会人になってからも必要となります。鞄が紛失した事について考える事は直接仕事と関係しないかもしれませんが、トラブルの原因と対策を個人やチームで考え、意見を出し合ったりまとめていく力をつけて欲しいと考えて課題を出されたのでしょう。

どうしてそうなったのか、どうしたら解決できるのか、そしてそれを解決するための提案が何故有効だと言えるのか。「なんでそう思うの?」と聞かれた際に「なんとなく」「ただそう思ったから」という回答だと説得力が無いですよね。仕事で大きな判断をする時に「なんかうまくいきそうだから」という曖昧な判断で社員何百人もの生活が左右されては大変です。

実際にそれが実現可能だという根拠を数字で示したり、他社で成功した例を取り上げてみたり、自分の職場で同様の事ができるか、いやそれ以上の事ができるかと考えていく必要がありますよね。卒論の書き方と同じですよね!

弊社では学生の方のみでなく、社会人の方の執筆のサポートも承っております。社会人になっても仕事で役立つ書籍を読んでレポートを書いたり、研修先でテーマに沿った論文を書いたり、昇進試験で論文を書いたりと、提出した原稿によって評価される事がございます。学生の頃あんなに書いていたのに、久しぶりに書こうと思うと思うように筆が進まない…!と行き詰ってしまった際に「そういえば書ける屋があったなぁ」と弊社を思い出して頂ければ嬉しいです。

こんな依頼もできるのだろうか?という内容でも、お気軽にお問い合わせ下さいませ。どこまでの範囲が対応可能か、どこまでは対応できないかをしっかりと説明させて頂きます。

依頼主様からの御礼紹介


こんにちは、顧客サポートの山下です。

大変有り難い事に、多くの依頼主様より原稿のお礼を頂いております。中には依頼完了後数ヶ月経ち、無事に卒論を提出されて卒業されたとのご報告を頂く事もあります。執筆者・スタッフ一同皆さまのサポートができた事を非常に嬉しく思っております。

依頼主様からのお礼の一部を紹介致します。個人情報等が含まれている部分は削除したり、手を加えさせて頂いております。

―――――

卒業論文の短期間の執筆ありがとうございました。
おかげで卒論の単位を取得でき、卒業できます。
書ける屋さんには、感謝してます。

ーーーーー

原稿を読まさせて頂きました。
大変分かりやすい表現内容で執筆して頂き、
感謝いたします。
執筆された方にも感謝していることをお伝えください。
今回、急な依頼にも関わらず、ご対応いただきましたこと心からお礼申し上げます。

―――――

一旦提出は完了しました。
昨日の急なお願いに対応いただき本当に感謝しております。執筆者の方にも宜しくお伝えください。

―――――

お世話になっております。
確かに、原稿を受け取りました。
予定日よりも早く送付して下さり、感謝しています。
この度も、ありがとうございました。

―――――

確認致しました。
無理を言ってしまって申し訳ありませんでした。
ご丁寧に対応していただき、大変感謝しております。
ありがとうございました。

――――― 

お世話になっております。
添付の論文、作成ありがとうございます。
論文の出来映えが高く、非常に感謝しております。

ーーーーー

原稿確認しました。
毎回丁寧に対応して頂き感謝しております。
内容も素晴らしいです。今回も本当にありがとうございました。

―――――

弊社では迅速な対応と、短納期でも執筆可能な執筆者の確保に努めております。短納期にご依頼が殺到した場合や、どうしても資料の購入やご郵送が必要なご依頼で物理的にご希望の納期では間に合わないという場合もございますが、一人でも多くの依頼主様に対応できるようにサービス向上と執筆者の育成に力を入れております。

弊社の執筆者の多くが一線で活躍されている研究者の方々で、論文の執筆実績と経験が豊富なため、短い納期で高品質な原稿を執筆する事が可能です。しかし、いくらプロであっても物理的に頂いたお時間内で出来る事と出来ない事がございます。無理な事はハッキリと「ここまでは出来るけど、ここは出来ない」というようにご契約頂く前に明確にお伝えしてります。例えば少し引用が多くなってしまったり、資料収集に充てられるお時間が限られているため使用する文献の数が少なくなってしまう等、制約が出る事をご納得頂いた上でご契約させて頂いております。

弊社のサービスにご納得頂き、何度もご利用頂いているリピーター様も多くいらっしゃいます。

数ある論文屋さんの中から弊社をお選び頂きありがとうございます。
今後もスタッフ・執筆者一同、より多くの依頼主様のサポートができるように努めて参ります。

入りたいゼミが無い場合どうしたらいいの?


こんにちは、顧客サポートの山下です。
卒論の提出を終えた方々が多く、ホッとしている頃でしょうか。皆様お疲れ様でした!!

また、4月からの新年度でどのゼミを選ぼうかと悩まれている方がいらっしゃると思います。特にやりたい事が無かったからゼミを適当に選んだ…とおっしゃる依頼主様が毎年いらっしゃいますが、よく聞くのは『指導教官の方の専門分野と自分が書きたい分野が違うからアドバイスが難しいと言われる』『興味が無いテーマだけど、これで書きなさいと言われた』など、お困りの声です。

興味が無いとテーマも思い浮かべられない、人に決められた内容だとなおさら自分がやりたい事じゃないし書きにくい、この分野の論文はどういうふうに書いたらいいのかがそもそも分からない…。そんな状況に陥らない為に、ゼミ選びは慎重に行いましょう!

ゼミの分野も大切ですが、卒論とは指導教官の方と学生が何度もやりとりを重ねながら書き進めていくもののため、指導教官の方との関係が重要にもなってきます。分野が違っても、何を書いても良いよとおっしゃる指導教官の方もいらっしゃいます。私も大学時代にゼミで悩み、特に入りたいゼミも無くてどうしようと悩んでいた時に『行くところがなかったら、自分のところに来い!何かいてもいいから。』とおっしゃって下さった先生がいました。卒業後もうかなりの年月が過ぎましたが今でもやりとりを続けている恩師です。

まずは1人で悩まず、声をかけやすい指導教官の方、自分がちょっとでも興味あるかもと思った分野の指導教官の方に相談してみましょう。何でもいいやと適当に選んで後で後悔しないように、卒論をサクッと書き進めていけるようにまずはゼミ選びからが重要ですよ~!

【文学ニュース】江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」


こんにちは、顧客サポートの山下です。
さて、今日は論文が関わる文学ニュースを紹介します。

下記、記事の引用です。
―――――

名張市生まれの江戸川乱歩(1894~1965)が、初期の代表作「屋根裏の散歩者(さんぽしゃ)」を完成させた場所は亀山市関町坂下の法安寺所有の「岩屋観音」だとする論文が昨秋、発表された。岩屋観音は末期がんを患った乱歩の父の療養先。論文を書いた京都女子大学(京都市)非常勤講師、宮本和歌子さん(40)は「乱歩と亀山の貴重な接点。亀山での生活が作品に影響を与えた可能性もある」と話す。

―――――
引用元:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL1M75TDL1MONFB027.html

新たな発見ですね!!
これに対して「いや、その見解は違う」という方も出てくるかもしれないですし、この見解を更に裏付ける強い根拠を提示する方が現れるかもしれないですね。このように、解明されていない事について自分の考えを根拠を示しながら論理的に議論するのが論文です。なんだか探偵になったみたい、と考えれば、資料の中から必要な情報を収集したり、証拠(根拠)を集めていく作業も楽しくできちゃうかもしれないですね!